歯を削らない ~ 薬で虫歯を溶解する カリソルブ

ここまでの虫歯治療は、細菌に蝕まれた箇所をドリルのような切削器具で削って排除していました。

周りの象牙細管の深部にまで入り込んだ菌を全て取り除こうとすると、歯を多めに削り取らなければ、再度感染してしまいます。

この時、神経に近い箇所を削ると痛みが現われます。

カリソルブ(虫歯治療液)は、周りの象牙細管の深部まで入り込んだ菌を死滅させ、柔軟にしてから、それ専門の器具で排除するというやり方です。

カリソルブによる虫歯治療の特性は次の通りです。

1.健全な歯の性質を保存 

カリソルブは、健全な歯の性質部分と、虫歯に蝕まれた部分を明確に区分することができます。

そんなわけで、健全な歯の性質を不必要に排除する必要がないと思われます。

2.静かで気持ちの良い治療 

これまでのような歯を切削する器械の使用はミニマムなので、音や振動の不快な感覚も少なく気持ちの良い治療を受けることが可能です。

※歯の表面のエナメル質に対してはカリゾルブでは溶かせませんので、これまでの切削器で削る必要が見られます。

3.痛みの少ししかない治療 

カリソルブによる治療の多くは、局部麻酔の必要性はごく僅かです。
溶解して排除するので、ほぼ痛みがありません。

4.神経の保存 

虫歯部分のみを排除することが可能なため、神経に接近した虫歯治療の場合でも、神経をそのままにすることができる可能性は高まります。

5.安全性 

カリソルブは安全な治療やり方です。口内の軟組織、歯の表面のエナメル質、あるいは健全な象牙質には影響を与えません。

◆カリソルブの治療順番

1.カリソルブの塗布 

まず、歯の表面のエナメル質を削る。2番目にカリソルブを虫歯の侵食部分(象牙質)へ付ける。その時から30秒程浸透させます。

2.虫歯の除去 

カリソルブによって柔軟になった虫歯部分を、それ専門の手用器具で丁寧に排除します。

3.詰め物 

上記1-2を数回反復し、虫歯部分をすっかり取り除いた後、プラスチックや金属の詰め物をします。


注意: 割合に軽い症状の虫歯の治療にあっています。

既に虫歯が深い場合はこの治療は適用外となります。

手作業で虫歯を排除しますので時間は必要です。

親知らずを取り去るにあたっては、激烈な痛みを逃れることはできないことが要因で、麻酔なしの手術を実施するというのは、患者さんにとって過度な負担になることが推測されます。
深い歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの隙間には、不潔なプラークが簡単に蓄積しやすく、このようにして集中した時には、歯ブラシでの歯磨きだけ行っても、残念ですが完全には取り除けません。
口腔内が乾くドライマウスは、ストレスが要因で見られるようになるのもままあるため、更にこれからの未来には、バリバリ働く世代の男性にも症状が出てくる可能性は間違いなくあります。
口内炎の症状の重さや発症するところによっては、舌が物理的に動いただけで、かなりの激痛が走るため、ツバを飲み込むのさえも難儀になってしまいます。
つい最近では歯周病になる要素を除去する事や、原因となる菌に感染した範囲を清潔にすることで、新しい組織の再生がみられるような処置が確立しました。

口腔外科という科目は、その性格として、顎口腔治療を焦点に置いているので、内科の治療やストレスによる障害等に至るほど、診察する範疇はあらゆる方面で内在するのです。
歯科衛生士が在宅医療において要望されるのは、まず最初に患者の口腔内をきれいに洗浄することです。患者の口の中が不潔なままだと、細菌が繁殖している不衛生なカスそのものを飲み込むかもしれません。
診療機材といったハード面において、現時点の社会から要望されている、歯科医による定期的な訪問診療の目的を果たすことの可能な基準には来ていると言えるとの事です。
キシリトールの成分にはむし歯を食い止める有用性があると言う研究が公開され、それからというもの、日本をはじめ世界の色んな国で非常に熱心に研究への取り組みが行われてきました。
ホワイトニングの処置をしないケースであっても、歯の割れ目を放置し続けると、象牙質がもろくなり、外の空気や食物が当たるだけで痛みが走ることがままあります。

口内に矯正装置をセットして、一律の力を歯に絶え間なくかける事で正しい位置に人工的に戻し、不具合のある歯並びや噛みあわせなどを改善するのが歯列矯正といわれる治療法です。
既存の義歯の難点をインプラントを取り付けた義歯がカバーします。ピタッと接着し、お手入れしやすい磁力を適用した品も選べます。
通常の歯を磨くことを言われた通りに施していれば、この3DSの働きでムシ歯の原因となる菌の取り除かれた状況が、ほとんどのケースでは、4ヶ月から半年くらい保持できるようです。
歯列矯正により姿容の劣勢感から、悩みを抱えている人も笑顔とプライドを手にすることが叶うので、精神と肉体の両面で満足感を得られます。
口臭の有無を同居の家族にさえ質問することのできない人は、非常に多いと考えられます。そう言う時は、口臭の外来へ行って口臭の専門処置を受けてみる事をお奨めします。